2014/02/21

[PHP]Smarty3.1にバージョンアップして困ったこと その4

ウチではPHPのテンプレートライブラリ(テンプレートエンジン)であるSmartyを使ってるんですが、昨年最新版の3.1系にバージョンアップしたら色々困ったことが起きたのでその記録の続きです。



include_pathに置いているtplファイルを読んでくれない。

共通化したアプリケーションのtplファイルとか例外表示用のtplとかをPHPのinclude_pathに置いていたんですが、これを表示してくれなくなりました。
template_dir以外を読み込むときにいろいろ制約ができたみたいです。

詳しくは以下のマニュアルページを参照ください。

ファイルテンプレートリソース
http://smarty.m-takagi.org/resources.html

$use_include_pathプロパティ
http://smarty.m-takagi.org/variable.use.include.path.html
(このページは翻訳されていません)

tplファイルやpluginをinclude_pathに置く場合は
$Smarty->use_include_path = true;
をしておく必要があります。


今回の連載は一応ここまでにします。

0 件のコメント:

コメントを投稿