2010/10/30

[自炊]ScanSnap S1500でスキャンするときの注意 その2

約束どおりその2。

今回も自分でスキャンしてみて気づいた「読み取りモードオプション」についてである。


設定の画面はこちら。



「文字列の傾きを自動的に補正します」

スキャンするときに紙が多少傾いて給紙されても、このオプションを有効にしておけば正しい向きに直してPDF化してくれる優れものだ。

両面スキャンで傾いていると、奇数ページと偶数ページで傾きが反転するので読みづらいことこの上ない。
まっすぐに給紙されればよいのだが枚数が多いとどこかでずれてしまうのは防ぎづらい。
よって、多くの場合このオプションは有効にしておくべきである。


失敗する例

チェックをはずして(補正しない)スキャンした結果はこんなページ。

これを「文字列の傾きを自動的に補正します」を有効にして取り込むとこんなことになる。


なんでそうなるし・・・
文字数が少ないので傾きの判別がしづらいのかもしれない。
イタリックなフォントが混じっているのもその原因かもしれない。
はっきりとしたことはわからないし、実際このページ以外で傾きの失敗事例はない。


対処方法

これといって思いつく対処方法はない。
こういう事象が起こりやすいかもしれないページ(文字数が少なく、イタリックなフォントがあるページ)は注意しておくことくらいか?

結局このページだけあとでオプションを無効にしてスキャンしなおし、Acrobatでページの切り貼りした。


.

0 件のコメント:

コメントを投稿